調達情報の確認・入札等を、インターネットを利用して行うことができます。
トップ > FAQ・お問い合わせ > インストールするJavaのバージョンについて

インストールするJavaのバージョンについて

FAQ番号: 
1
カテゴリー: 
サービス全般
質問: 

電子調達システムで推奨しているバージョンのJavaをインストールするにはどうすればよいですか。

回答: 

電子調達システムで推奨しているJavaのバージョンは、ポータルサイトの「電子調達システムの利用開始方法」(https://www.geps.go.jp/how_to_use)をご確認ください。

ご利用者様が使用されている電子証明書がICカードの場合は、利用する民間認証局でサポートしているバージョンと取得方法をご確認ください。

使用されている電子証明書がファイル形式の場合は、推奨環境の『Java実行環境』項目のなかに記載がある、「Java実行環境の入手方法及びダウンロードサイトをあわせてご利用ください。」より、電子調達システムで推奨しているJavaバージョンの「Java8-191」のインストールが可能です。

お問い合わせ: 

FAQをご確認いただいても問題を解決できない場合は、電子調達システムヘルプデスクにお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る